親父の還暦祝いにプロペシア!ミノキシジルで更に薄毛予防

ハゲを治すための治療薬


最も効く薬

世界60各国以上で販売が行われ、多くの男性のAGAと呼ばれる脱毛症の症状を改善している薄毛治療薬のプロペシアとは、AGAの原因とされているジヒドロテストステロンが作り出されるのを阻害し、毛根の中心にある毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体に結びつかないようにすることで抜け毛や薄毛の進行を抑制することができる薬になります。
育毛剤などとは異なり、体内に取り込むことで効果を発揮し液だれなどがないため、頭皮全体に効き目を行き渡らせることができるようにしてくれます。
ジヒドロテストステロンは男性の成長には欠かす事ができないホルモンであるテストステロンが5aリダクターゼという変換酵素の働きによって男性が成人をこえたあたりから変換されるようになってしまいます。
プロペシアを服用することで変換されないようになるため、1年以上の長期間の服用によって高い発毛効果を実感することが出来るようになります。
国内では保険がきかない薬になり、処方せん薬であるためクリニックなどの専門的な医療機関にいかなければ処方してもらうことができないため、服用の判断材料として年間を通してかかる費用も考え判断することも大切であり、途中で服用を止めてしまうと十分な効果を期待できなくなってしまうので注意が必要となります。
どうしても薬価を抑えたい方はフィンペシアというジェネリックがあり服用は自己責任になりますが、同一効果が期待できるものもあるのでフィンペシアも治療の方法として検討してみて下さい。
また副作用には重篤な症状は見られませんが、男性にとっては大きな悩みとなってしまうリビドーの減退や勃起不全など薬剤性のEDになってしまうことがあるのでその点も踏まえて服用の判断を行って下さい。
この治療薬と併用することでより育毛効果を促進できると言われているのがミノキシジルであり、この成分は毛髪に栄養が送られるように毛細血管を活性化させることで毛髪に栄養補給をおこない、髪を成長させることが出来るようにしてくれます。
相乗効果が期待できるので、ミノキシジル製品を併用することも検討してみて下さい。
この2つの薬が薄毛治療には大きな効果を発揮すると言われており、現在これ以外にはないとされているので間違った方法でのケアをしないようにしましょう。


TOP